歯の着色汚れは普段の生活で防げる?

歯の着色汚れの原因とは

①喫煙

タバコを吸うことで歯が黄色や茶色になってしまう理由は、タバコのヤニに含まれるタールという成分が原因です。

タールは濃い茶色をしていて、その色が歯の表面に着色し、歯が黄ばんで見えてしまいます。タールには粘着性があり、色の濃い食品を歯に着色させやすいという性質があります。

喫煙は、口腔内の乾燥を招く原因にもなり、乾燥により着色物質が歯に付着しやすくなります。
タバコのヤニは付着すると除去しにくい頑固な汚れで、歯磨きなどのセルフケアでは取り除くことが難しく、そのまま蓄積していきます。

予防方法

タバコを吸った後には、歯磨きやマウスウォッシュ、水で口をゆすぐことで、着色を軽減することができますが、一番の予防方法は禁煙なので、少しずつタバコの本数を減らしてみてください。

②歯に着色しやすい食品

色が濃い食品は、その色素が歯に直接的に着色してしまいます。

しかし、実は色が濃い食品だけが着色しやすいわけではありません。酸性の食品は、口腔内が酸性に傾き、エナメル質(歯の表面を覆う層)が溶け出します。

これにより、着色の原因となる脱灰が起こるので、注意が必要です。また、ステイン(歯の着色汚れ)に繋がるポリフェノール、タンニン、イソフラボン、カテキンを含む、着色しやすい意外な食品もあります。

  1. 色が濃い食べ物
  2. ソース、ケチャップ、醤油、味噌、トマトソース、チョコレート、カレー、ナス、ブルーベリー、ぶどう、柿

  3. 色が濃い飲み物
  4. お茶、紅茶、コーヒー、ココア、赤ワイン

  5. 酸性の食べ物
  6. お酢、レモンなどの柑橘系フルーツ

  7. 酸性の飲み物
  8. コーラなどの炭酸飲料、スポーツドリンク、白ワイン

  9. 着色しやすい意外な食品
  10. 納豆、豆腐、豆乳などの大豆食品(イソフラボン=ポリフェノールの一種)、バナナ(タンニン=ポリフェノールの一種)

歯の黄ばみの原因

予防方法

食後に歯磨きをすることで着色を防ぐことができます。歯磨き粉は、着色汚れを落とす成分の入ったものを使うと、さらに効果があります。

しかし、研磨剤が含まれている歯磨き粉は歯の表面を傷つけてしまい、さらに着色しやすくなってしまうので、歯磨き粉を選ぶときは、成分にも気をつけてみてください。
食後の歯磨きが難しい場合は、マウスウォッシュや水で口をゆすいでください。

また、口の中の乾燥で着色しやすくなるため、唾液を分泌させるためにキシリトールガムを噛むこともおすすめです。唾液は食べカスや細菌を洗い流す働きがあり、口腔内を潤すことで、虫歯の予防にも効果があります。

着色しやすい食べ物や飲み物を避けて生活することは困難なため、食後の歯磨きなどで、着色を防ぐ方法を試してみてください。 飲食する度に歯を磨くことができなくても、1日3回は食事の後に、歯を磨くことが大切です。

夕食の後に就寝する方が多いと思いますが、歯の磨き残しがあると、長時間放置されることになります。

また、就寝時は唾液の分泌が抑えられてしまうので、夕食の後の歯磨きは特に念入りに行うようにしてください。歯の磨き方も重要で、正しい歯磨きをしていないと着色汚れを効果的に取り除くことができません。

歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間にも意識して、少しずつ歯ブラシを動かし、丁寧に磨いてください。力を入れて磨くと、エナメル質を傷つけてしまい、着色しやすくなってしまうので、優しく磨くようにしてみてください。

歯磨きは歯ブラシだけでは不十分なので、歯間ブラシやデンタルフロスも併用することをおすすめします。歯並びが悪い人は、でこぼこしている部分の歯に、歯ブラシを縦に当てて磨くようにすると、効果的に磨くことができます。

歯の着色の対処方法

タバコや、歯に着色しやすい食品の汚れを落とすには、歯科医院でクリーニングをしてもらう必要があります。歯科医院で行うクリーニング方法にPMTCという専用の器具や機械、薬剤を用いて歯の汚れを全て除去する方法があります。

PMTCはあくまで虫歯や歯周病を予防することを目的としているため、基本的には保険適用外(自費)となります。PMTCでは、歯の表面の着色汚れだけではなく、磨き残した歯垢(細菌のかたまり)や時間が経って硬くなり変化した歯石、バイオフィルムも除去することができます。

このバイオフィルムというのは、歯垢が口腔内にある状態で、長い時間が経った場合にできる膜のようなものです。

歯垢は、歯磨きなどのセルフケアで清掃することができますが、歯石やバイオフィルムは歯科医院でしか除去することができません。

PMTCを行うと、自分の自然な歯の色に戻すことができ、しばらくの間は着色や汚れが付着しにくくなります。PMTCは、虫歯や歯周病、口臭の予防にもなり、口腔内全体の健康に繋がります。

しかし、歯の表面の着色ではなく、元々の歯の色や加齢などで、内側から全体的に着色している場合には、PMTCで着色を取り除くことができません。その場合は、ホワイトニングが効果的です。

ホワイトニングとは、歯の表面に過酸化水素を含む専用の薬剤を塗布し、着色汚れを分解することによって、歯を自然な白さにする方法です。ホワイトニングは、審美歯科のため、保険適用外(自費)となります。

ホワイトニングには、3種類の方法があり、それぞれメリット・デメリットがあるため、参考にしてみてください。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で施術するホワイトニング方法で、歯の表面に専用の薬剤を塗布し、ライトの照射で歯を白くします。

メリット

・施術後すぐに効果を実感できる

・歯科医院で行うので、手間がかからない

・歯科医師や歯科衛生士が行うので、綺麗な仕上がりになる

・施術中に痛みを感じるなどの問題が起きても、すぐに対処してもらえる安心感がある

デメリット

白さが長持ちしない

オフィスホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、家で行うホワイトニング方法です。

まず歯科医院でマウスピースを作り、専用の薬剤をマウスピースに注入し、装着して時間をおくことで歯が白くなります。

メリット

白さが長持ちする

自分の好きなタイミングでホワイトニングができる

デメリット

効果を実感するのに2週間ほどかかる

自分で毎日マウスピースを装着・清掃する時間や手間がかかる

ホームホワイトニング

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併せて行うホワイトニング方法です。

メリット

オフィスホワイトニングで施術後すぐに効果を実感でき、ホームホワイトニングで白さをキープすることができる

デメリット

2種類のホワイトニング方法を行うため、費用が高額になる

デュアルホワイトニング

ホワイトニングをして白い歯を手に入れても、気をつけることがあります。

まず、ホワイトニングをした後、24時間は喫煙や、着色しやすい食品を避ける必要がありますホワイトニングをした後は、エナメル質(歯の表面を覆う層)を覆っているペリクル(タンパク質)が剥がれている状態のため、歯が着色しやすくなっているためです。

注意点としては、ホワイトニングをすると、知覚過敏(歯がしみて痛みを感じる)の症状が出やすいため、知覚過敏を防ぐ歯磨き粉を使うことをおすすめします。

また、虫歯や歯周病など口腔内にトラブルがある場合など、ホワイトニングができない場合もあります。
ホワイトニング後に、飲食を繰り返し、時間の経過とともに、徐々に色が戻ってしまうため、白さを維持するためには、定期的にホワイトニングをし直す必要があります。

また、ホワイトニングでは白くならない歯や過去に治療した歯の詰め物や被せ物の色が気になるという方もいると思います。その場合は、セラミック(陶器と同様の素材)を使った治療方法で、歯を白くすることができます。

セラミック治療は、審美歯科のため、保険適用外(自費)となります。
歯の表面を少しだけ削り、薄いセラミックを付ける治療方法は、治療の回数も少なく、歯の色を自分で選ぶことができ、自然な白さにすることができます。

メリット

・着色しにくい

・汚れがつきにくい

・劣化が起こりにくい

・強度が高い

・施術の痛みが少ない

デメリット

・自分の歯を削る必要があり、その歯の寿命を縮める可能性がある

・歯ぎしりや食いしばりがあると、割れてしまうことがある

セラミック治療では、歯を削る必要があるので、施術後に後悔しないためにも、歯科医師にご相談の上、選択することをおすすめします。

ホワイトニングとセラミック比較

ネットやSNSの情報に注意!

歯の着色汚れに悩んでいる方は、ネットやSNSで調べて、歯の着色を防ぐ商品や、自分で着色汚れを取り除く情報を目にする機会がたくさんあると思います。中には、歯に使う物以外の商品の使用を勧める情報もあります。

信憑性や、安全性がわからないため、オーラルケア用品(口腔内のケア用品)以外は、使わないようにしてください。

例えば、酸性の食品で歯を磨くと着色汚れが取れる、という情報を目にした方もいるのではないでしょうか。 それは、歯のエナメル質(歯の表面を覆う層)が酸で溶け、一時的に白くなったように見えるだけで、エナメル質の損傷は、虫歯や知覚過敏(歯がしみて痛みを感じる)の原因になるだけではなく、さらに着色しやすい状態になってしまいます。

このように間違った方法を試す前に、歯の着色汚れについて歯科医師に相談することが、安全で確実な方法です。

白い歯に関する勘違い

まとめ

歯の色は、その人が身だしなみに気をつけているかを判断するポイントになります。歯が自然な白さの人は、顔を明るく見せ、ビジネスシーンでは、清潔さや誠実さを感じさせます。

それにより、コミュニケーションを円滑にすることにも繋がります。

歯が綺麗だと、自分に自信がつき、自然と笑顔も増えていきます。 歯の着色汚れを完全に防ぐことは難しいですが、自分でできる予防方法を少しずつ実践してみてください。

また、一度歯科医院で歯のクリーニングや施術をしても、時間の経過とともに少しずつ着色していきます。そのため、定期的にクリーニングや、歯科検診に行くことをおすすめします。

下北沢歯科 診療内容

患者様のお悩みを解決する総合診療の下北沢歯科

下北沢歯科では虫歯治療から美しい歯を実現する審美歯科(歯のセラミック)やホワイトニング、歯を失ってしまった方へのインプラントや入れ歯まで総合診療を提供いたしております。

急な痛みや取れた外れたなどお口の中で何かお困りのことございましたらお気軽にご相談下さい。

24時間WEB予約受付中!

当日のご予約はでお願いします。

下北沢の痛くない歯医者|下北沢歯科