妊娠中に行うことができる歯科治療とは?

はじめに

妊娠中は、つわりの影響や女性ホルモンの関係からお口の中が大きく変化します。そのため、妊娠する前から定期的に歯科医院に通院し虫歯や歯周病の治療や予防をすることがとても大切です。

しかし、妊娠中に歯ぐきが腫れる、虫歯で歯が痛くなる方もいらっしゃるのではないかと思います。今回は、妊娠と歯科治療について解説します。

マタニティ歯科

妊娠中はいつ歯科治療を受けるのが安全?

妊娠中であっても基本的に歯科治療を受けることは可能です。

しかし、妊娠月数(週数)により対応が異なります。
以下では、妊娠月数による対応をまとめました。

妊娠初期(1ヶ月〜4ヶ月)

妊娠初期は、胎児の心臓や目、手足などが形成される期間です。そのため、この段階では積極的な治療は行わずにお口の中の検査やブラッシング指導などを主に行います。また、虫歯があっても痛みがない場合は、虫歯の穴を一時的に埋めるなどの応急処置を行い、妊娠中期または出産後に治療します。

妊娠中期(5ヶ月〜7ヶ月)

妊娠中期は、母子共に安定している状態です。
そのため、妊娠中に歯科治療を行う必要がある場合は、比較的状態が安定している妊娠中期での歯科治療が推奨されます。

妊娠後期(8ヶ月〜)

妊娠後期では、お腹が大きくなっているため仰向けに診察台に横になることが難しくなります。また、この時期に長時間仰向けになると仰臥位低血圧症候群になる可能性があります。

仰臥位低血圧症候群になると、お腹の重みで下大静脈と呼ばれる大きな静脈が圧迫され、心臓に送られる静脈血が減少し血圧が低下したり、気分が悪くなったりするといった症状が出ます。

そのため、妊娠後期では長時間の歯科治療は避け、応急処置に留めます。

歯科治療中に妊娠!どうしたら?

妊娠中のお口の中の変化

一般的に妊娠すると、歯ぐきが腫れやすくなったり虫歯になりやすくなったりします。
これは、以下のことが原因として考えられます。

つわり

妊娠8週〜10週にかけて“つわり”がでることがあります。
つわりにより、歯ブラシをお口の中に入れると、吐き気が出ることがあります。
そのため、つわりがあるとブラッシングが上手くできず磨き残しが増え、虫歯や歯周病の原因になることがあります。

ホルモンバランスの変化

妊娠中は、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが増加します。
この影響で、歯ぐきが腫れたり、赤くなったりします。
妊娠中に見られる歯肉の炎症を妊娠性歯肉炎といいます。妊娠性歯肉炎は、5〜20週目ごろから見られます。

唾液の減少

妊娠中は、女性ホルモンの影響により唾液が減少します。唾液は、お口の中を清潔に保つ働きやお口の中の細菌を減少させる働きがあります。妊娠中は、お口の中が乾燥しやすくなるため虫歯や歯周病の原因になります。

妊娠中に起こりやすいお口のトラブル

妊娠中に治療できること・できないこと

ここまでで妊娠中に認められるお口の中の変化について説明しました。
以下では、妊娠中に行うことができる歯科治療とできない歯科治療について説明します。

虫歯の治療

基本的に妊娠中であっても虫歯治療はできます。
また、痛みなどの症状がない場合は応急処置を行い、出産をしてから治療を行うことがあります。
以下に虫歯の進行度合いと治療内容について説明します。

虫歯がエナメル質にある場合

この段階の虫歯は、痛みなどは基本的にありません。
妊娠中期で妊婦の状態が安定している場合は虫歯の治療を行うことがありますが、妊娠初期や妊娠後期で治療中の妊婦の負担が大きいと考えられる場合は、出産後に治療を行うことがあります。

虫歯が象牙質にまで進行している場合

この段階の虫歯は、冷たいものを食べると歯がしみるといった症状が出てきます。また、歯に穴が空いており、食べ物が詰まりやすくなっています。
この場合も妊婦の状態が安定している場合は、治療が可能です。妊婦の状態が安定していない場合は、穴が空いている部位に物が詰まらないように一時的なセメントを詰める応急処置を行います。

虫歯が神経まで到達している場合

この段階の虫歯は、ズキズキとした痛みが出てきます。痛みがひどいと眠れないことがあります。

この状態では、母体の健康状態が悪くなるため、神経を取る処置を行います。
神経を取る処置は、部位によっては時間がかかることがあるため、妊婦の状態を考慮しながら治療を行います。

歯周病や虫歯の予防

妊娠すると女性ホルモンの関係から歯ぐきが赤くなったり、腫れたりする妊娠性歯肉炎になることがあります。
妊娠中は妊娠性歯肉炎を予防するためにブラッシング指導や歯石取りを行います。

また、虫歯予防のためにフッ素の塗布を行います。これらの予防処置は、基本的にどの妊娠時期でも行うことができます。
次に妊娠中に行うことが難しい治療について説明します。

ホワイトニング

ホワイトニングでは、過酸化水素や過酸化尿素といった刺激の強い薬剤を使用します。この薬剤が胎児に影響を及ぼす可能性があるため、妊娠中はホワイトニングを行うことはできません。

また、ホワイトニングの副作用として知覚過敏などお口の中にトラブルを引き起こすことがあるため、この観点からも妊娠中のホワイトニングは避けた方が良いでしょう。

インプラント

インプラントは、顎の骨に歯の根っこに相当する部位を埋め込む治療です。
インプラント手術では、歯ぐきの切開を行ったり、顎の骨に穴を空けたりする必要があるため、妊婦の負担がかなり多くなります。

また、手術中に多量に出血するリスクもあります。これらの理由から妊娠中にインプラント治療を行うことはできません。

歯科治療が胎児に及ぼす影響は?

基本的に歯科治療が胎児に影響を及ぼすことは、ほとんどありません。
以下に詰め物、処方薬、麻酔薬、レントゲンに分けて説明します。

詰め物

詰め物の中には、コンポジットレジンと呼ばれる白い樹脂の詰め物があります。
コンポジットレジンは、型取りなどを行わず歯に直接詰めることができるので治療を1日で終えることができます。以前まで、コンポジットレジンには、体内のホルモンに影響を及ぼすビスフェノールAが含まれているといわれていました。

しかし、現在のコンポジットレジンにはビスフェノールAが含まれていないため、妊婦に対しても安全に使用することができます。

痛み止め

歯科医院で処方される主な痛み止めには、カロナールとロキソニンがあります。
カロナールは、アセトアミノフェンという種類の痛み止めに分類され、胎児に対する安全性が高いといわれています。一方で、ロキソニンは、非ステロイド性鎮痛薬(NSAIDs)という種類の痛み止めに分類されます。

胎児には、母体から酸素を効率的に受けるための特殊な血管である動脈管があります。NSAIDsは、動脈管を収縮させせる作用があり、胎児の循環に影響を及ぼすことがあります。そのため、NSAIDsは妊婦に使用しません。

抗菌薬

歯科医院で処方されるお薬として、痛み止めに並んで多いのが抗菌薬です。抗菌薬には、さまざまな種類がありますが、妊婦に対して安全に使用できる抗菌薬としてペニシリン系、マクロライド系、セフェム系があります。
一方で、妊婦に使用できない抗菌薬としてニューキノロン系、テトラサイクリン系があります。ニューキノロン系を妊婦に使用すると胎児の骨格異常や発育異常などが出ることがあります。

また、テトラサイクリン系を妊婦に使用すると、胎児の骨や歯に影響を及ぼし、生えてくる歯が灰色に着色することがあります。これらの理由からのニューキノロン系とテトラサイクリン系の抗菌薬を妊婦に使用することはできません。

局所麻酔薬

歯科医院で使用される局所麻酔薬は、リドカインが使用されます。通常の局所麻酔薬量であれば胎児に影響を及ぼすことはほとんどありません。局所麻酔薬が効きにくい場合は、担当医に相談しましょう。
また、妊婦の中には、局所麻酔薬の影響を考えて麻酔薬を拒否する人もいらっしゃいます。しかし、局所麻酔薬を使用しない状態での治療は痛みが伴うため、ストレス負荷が加わり胎児に影響を及ぼすことがあります。
そのため、局所麻酔薬を使用して除痛してから治療を行う方が母子ともに安全といえます。

レントゲン

歯科治療を始める前にレントゲン撮影を行います。歯科で使用されるレントゲンの放射線量は微量のため、胎児に影響を及ぼすことはほとんどありません。
また、レントゲンの撮影部位がお口の中に限定されているのに加えて、レントゲンを撮影する場合は、防護衣と呼ばれる鉛でできたエプロンを装着します。そのため、腹部への放射線量がごく少量に抑えることができ、歯科医院でのレントゲン撮影は胎児に影響を及ぼすことはほんどありません。

撮影を行うことで正確な診断と治療が可能ですが、当院では気になる方はご相談いただければ撮影せずに、目視でできる範囲での応急処置を行い、ご出産後など落ち着いてから本格的な治療へ進むことも可能です。お気軽にご相談ください。

マタニティーのママと子供の歯について

まとめ

妊娠中でも歯科治療を行うことは可能です。しかし、妊娠初期や後期は胎児や母体に影響を及ぼすことがあるため、基本的には、妊娠中期または出産後に治療を行います。妊娠中に行える歯科治療としては虫歯の治療、歯の根っこの治療、歯のメンテナンスがあります。
一方で、胎児や母体に負担がかかる可能性が高いインプラントやホワイトニングなどの治療は行いません。

歯科治療では、局所麻酔薬やレントゲン撮影、詰め物などを行います。これらの処置が胎児に影響を及ぼすことは基本的にありません。また、歯科医院で処方される鎮痛剤と抗菌薬は、胎児に影響のない薬を処方、使用されます。

今回は妊娠中の歯科治療についてまとめました。妊娠中は、歯科治療の対応が異なるため、妊娠している場合や可能性がある場合は、担当歯科医師に相談しましょう。また、妊娠中のお口の中のトラブルを防ぐためにも妊娠前から定期的に歯科医院へ通院し、歯周病や虫歯の治療や予防を心がけましょう。

下北沢歯科 診療内容

患者様のお悩みを解決する総合診療の下北沢歯科

下北沢歯科では虫歯治療から美しい歯を実現する審美歯科(歯のセラミック)やホワイトニング、歯を失ってしまった方へのインプラントや入れ歯まで総合診療を提供いたしております。

急な痛みや取れた外れたなどお口の中で何かお困りのことございましたらお気軽にご相談下さい。

24時間WEB予約受付中!

当日のご予約はでお願いします。

下北沢の痛くない歯医者|下北沢歯科