セラミックは虫歯になりにくい?

セラミックと銀歯

セラミックと銀歯は多くの点で異なります。
見た目の美しさ、金額、硬さや強度などたくさんのポイントがありますが、虫歯のなりやすさも非常に重要です。

セラミックも銀歯も、当然ですが歯ではないためそれ自体が虫歯になることはありません。しかし、どちらも歯に装着されるものであり、その歯が虫歯になるリスクはあります。それでもセラミックは虫歯になりにくく、銀歯はなりやすい、とされる両者の何が異なっているのかを見ていきます。

虫歯のなりやすさの比較

接着と合着

セラミックはセメントを介して歯とくっつきます。それを接着といい、歯とセメント、セメントとセラミックは化学的に結合している状態、つまり歯とセラミックはセメントを介して化学的に結合している状態です。

それに対して保険診療で用いられる銀歯など金属は歯とくっつきません。歯と銀歯の間にセメントが介在し、そのままセメントが固まることで銀歯は歯から外れない状態が保持されます。これを合着といいます。
時間が経ちセメントが劣化したり、咬合力によって金属が変形すると、歯と銀歯の間には隙間が生じます。その隙間で虫歯の原因となる細菌が増殖し、虫歯を引き起こします。

精度

銀歯は鋳造と呼ばれる昔ながらの工程で製作されることが多いです。金属を熱して一旦溶かし、そこから歯の形に固めていく、というものです。
その過程の温度変化で金属は膨張と収縮をするため、銀歯に精密な適合精度を求めるのには限界があります。それに比べセラミックは、コンピュータ上で設計されその通りに材料のブロックから削り出されるものもあり非常に正確です。

適合精度に劣るということは、歯との隙間が生じるということです。もちろんセメントで埋められるスペースではありますが、セメントはセラミックや金属に比べると強度に劣るため、経年的に劣化してしまい、将来的には隙間を生むリスクとなるため、虫歯になりやすいということになります。

つまり適合精度が優れるセラミックの方が、内面に隙間が生じにくいため虫歯になりにくい、ということです。

セラミックと銀歯の比較

ここまで虫歯のなりやすさ、というポイントで比較しましたが、それ以外のポイントに関して比較していきます。

強度

金属が優れています。セラミックの弱点は強い衝撃で割れてしまうリスクがあることですが、銀歯は滅多に割れたり破損することがありません。ただ金属も強い力で変形はしてしまうため、経年的に適合度が悪くなってしまう可能性があります。

セラミックの強度は天然の歯に近似しています。噛み合う歯や装着される歯を必要以上に傷つけないためです。つまり天然の歯よりも硬い、ということはデメリットでもあるということです。

見た目

もちろんセラミックが優れています。美しい見た目は自然な笑顔を生み出し、他人からの印象にも大きく影響します。銀歯が気になっている、とお悩みの方にはセラミックをお勧めします。

アレルギー

銀歯は金属アレルギーを引き起こすリスクがあります。

周囲組織への影響

銀歯の金属イオンは口の中へ溶出します。近接する歯肉は特にその影響を受け、黒く変色してしまうことが多いです。メタルタトゥーと呼ばれる黒い着色は審美的にも気になるものです。
金属を使用しない治療がより周囲への悪影響も少ないと言えます。

口臭

銀歯の中が虫歯になっているのかどうなっているのか、外見上はなかなか分かりません。かぶせ物の場合、レントゲンでもわからない場合が多々あります。ある程度の年数が立っている場合、銀歯の下が清潔に保たれているとは限らず、多くのケースでは虫歯になっています。
見つかりにくい虫歯がお口の中に存在していることで、それが口臭の原因になっている可能性があります。

まとめ

ここまで両者を比較してきてやはりセラミックが優れていると言わざるを得ない、かもしれません。しかしセラミックも周囲が虫歯になることはありますし、破損もあります。

銀歯もセラミックも適切なメインテナンス、クリーニングが必要ですが、それでも再度治療が必要な状態になった場合、どうしても歯を削らなければなりません。

つまり再治療のたびに自分の歯は削られることになります。
自身の歯をなるべく長く残すためにも、再治療のリスクが低い選択をして、適切なセルフケアとメインテナンスを行なっていく必要があります。

下北沢歯科 診療内容

患者様のお悩みを解決する総合診療の下北沢歯科

下北沢歯科では虫歯治療から美しい歯を実現する審美歯科(歯のセラミック)やホワイトニング、歯を失ってしまった方へのインプラントや入れ歯まで総合診療を提供いたしております。

急な痛みや取れた外れたなどお口の中で何かお困りのことございましたらお気軽にご相談下さい。

24時間WEB予約受付中!

当日のご予約はでお願いします。

下北沢の痛くない歯医者|下北沢歯科