Column歯のコラム

感染症対策に関して

感染症対策

下北沢歯科では、「あらゆる人の血液、すべての体液、汗以外の分泌物、排泄物、損傷のある皮膚、
および粘膜には感染症があると考えて取り扱う」
という「標準予防策(スタンダードプリコーション)」という考えをもとに、感染予防対策を行っております。

治療に使うものに関して

ディスポーザブル(使い捨て)できるものに関しては、使い捨てにしております。
例えば、うがい用の紙コップ、エプロン、手袋、オーラルケア用品(歯ブラシ、歯間ブラシ、フロス)、検診時に歯科ユニットで使用するPMTCブラシ、ペーパータオル、注射針、麻酔液のカートリッジ、メス、縫合用針、滅菌パックなど

チェアサイドに関して

診療後、医療廃棄物やディスポーザブルなどの普通ごみと、消毒・滅菌を行う器具・器材に分けます。
また、患者様ごとに診療終了後、次亜塩素酸Na希釈液を用いて歯科用チェアーを消毒しております。拭き上げ後は、乾燥した状態でも除菌効果が持続します。
尚、清掃に使用したクロスは使い捨てです。

消毒後はバリアフィルムというフィルムをユニット周りに貼っております。治療中に触れる部分にフィルムを貼ることで、汚染を最小限にすることが可能となります。こちらも患者様ごとに、治療後張り替えております。

滅菌までの流れに関して

① 分別

血液が付いていない器具…タンパク質分解酵素・カルシウム分解剤・特殊界面活性剤配合の洗浄剤に浸漬。

血液の付着した器具…栄養型細菌・真菌・抗酸菌・ウィルスに対して消毒効果・不活性化効果を示すフラタール製剤に浸漬します。

② 洗浄

器具についたタンパク質の汚れを、落とします。当院は歯科専用の器具専用除染洗浄機を導入しております。

③ 乾燥、包装

洗浄が終わった後は、器具の水分のふき取り、乾燥を行います。乾燥後、使用する器具ごとに滅菌専用の滅菌パックに包装します。

④ 消毒、滅菌

乾熱蒸気滅菌器(オートクレーブ)で132度の高温高圧の蒸気が内部の隅々まで行き渡り、滅菌を行うことが出来ます。

ミニ小型未包装品高圧蒸気滅菌器(小型のオートクレーブ)でより短時間での滅菌が可能です。

歯科用ハンドピースの滅菌に
関して

2014年に、歯科用ハンドピースの滅菌を行っている歯科医療機関は3割しかなく、十分な殺菌処理が行われていない器具が使いまわしされているという報道がマスコミからされました。
治療の際に使用している歯科用ハンドピース類は、唾液や切削片、血液が飛沫となってタービン周辺に付着します。当院では使いまわしは行わず、専用の高圧蒸気滅菌器を使用し、患者様ごとに使用後すべて『滅菌』を施しております。
(滅菌の定義…一般細菌、病原性を持つ細菌やウィルスを完全に死滅させること)

滅菌工程

① 消毒

ハンドピースに付着した汚れを消毒液にて拭き上げます。

② オイル注入

クアトロケアという自動注油機を使用し、ハンドピース内部の細部まで定量の注油を行い、ハンドピースの内部洗浄を行います。

③ 空回し

ハンドピース内部に残った水分・油分などを完全に取り除くため、空回しを行います。

④ 滅菌

オイルによる洗浄が終わったハンドピース類は個別に滅菌パックに包装滅菌を行います。

⑤ 保管

殺菌、滅菌後の器具・器材は種類ごとに各保管場所にて保管しております。

来院される方へのお願い

来院される方に、入り口横に設置しております機械にて、検温と手指の消毒のご協力をお願いしております。
よろしくお願いいたします。

24時間WEB予約受付中!

当日のご予約はでお願いします。

下北沢の痛くない歯医者|下北沢歯科