Column歯のコラム

骨粗鬆症・糖尿病と歯周病との関係

骨粗鬆症・糖尿病と歯周病との関係

骨粗鬆症・糖尿病と歯周病との関係について

当院では初診時に患者様の健康状態を知る為に問診票にご入力をいただいております。
アレルギーの有無、今までにかかったことのある病気はないか?現在病院に通院されているかどうか?服用されているお薬の有無があるか?などいくつか質問事項がございます。
今回は問診項目の中で現在治療中の項目で比較的多い骨粗鬆症と糖尿病に関して御説明させていただきます。

まず最初に一見関係のなさそうな歯周病に関して少し触れておきたいと思います。歯周病という言葉はみなさん聞いたことはあるかと思います。歯周病は口腔内に生息する歯周病菌によって引き起こされる、歯茎の炎症です。
厚生労働省の調査で、日本人の8割が歯周病にかかっていることがわかっています。虫歯と違いほとんど痛みがなく、気づかないうちに進行します。

歯周病はプラーク(歯垢)が最大の原因です。プラークは最近の集団でもあり、これらの細菌が出す様々な物質により歯肉に炎症が起こります。
同時に細菌を攻撃するための免疫砂防が自分自身から出て、細菌と身体の抵抗力との戦いが始まります。

細菌が増殖し、防衛力を上回ると炎症が進みます。炎症が進行すると歯と歯肉の間の付着器官が破壊され、歯周ポケットが形成されます。炎症が悪化するとさらに毒性の強い歯周病菌が増殖し、歯周ポケットが深くなります。そしてやがては歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かし歯を支えられなくなり、抜けてしまいます。

細菌の研究ではそれにとどまらず、歯周病が全身の疾患に関わっていることが明らかになりました。歯茎で増殖した歯周病菌が血液を介して全身に広がると、脳血管疾患や心疾患、呼吸器疾患、早産、低体重児出産などを起こすほか、糖尿病や骨粗鬆症を悪化させたりすることも明らかになりました。

糖尿病と歯周病

疫学調査でもともと糖尿病患者に歯周病が多いということはわかっていました。

歯茎から血液に入り込んだ歯周病菌のほとんどは白血球などにより死滅してしまいますが、歯周病菌は細胞内にエンドトキシンという毒素を持っており、厄介なことに歯周病菌は死滅したのに、このエンドトキシンは血液で全身に運ばれてしまいます。

エンドトキシンはTNF-αという物質の産生を促進させます。TNF-αは血糖値を下げる働きをするインスリンの作用を阻害して血糖値をあげてしまい、糖尿病を悪化させることがわかってきています。

骨粗鬆症・糖尿病と歯周病との関係

骨粗鬆症と歯周病

骨粗鬆症は全身の骨強度が低下し、骨がもろくなってしまう病気ですが、歯を支える歯槽骨にも影響を及ぼしていることがわかってきています。

日本では推定約10000万人以上いると言われています。その約90%が女性です。骨粗鬆症の中でも閉経後骨粗鬆症は、閉経による卵巣機能の低下により、骨代謝にかかわるホルモンのエストロゲン分泌の低下により発症します。

閉経後骨粗鬆症の患者さんにおいて、歯周病が進行しやすい原因として最も重要と考えられているのが、エストロゲン欠乏です。エストロゲンの分泌が少なくなると、全身の骨がもろくなり、歯周ポケット内では炎症を引き起こし、歯肉炎の進行が加速されると考えられています。
たとえ歯肉炎はなくても、エストロゲンの減少により歯周病にかかりやすく、広がりやすい状態にあります。

また、骨粗鬆症の薬としてよく用いられているビスフォスフォネート製剤(BP系薬剤)というものがあり、服用している方が抜歯などした場合、周囲の骨が壊死するなどの報告があります。
ただし適切な予防処置、術前術後の管理を行うことで、発症は抑制できることが示唆されています。

患者様へのお願い

骨粗鬆症、糖尿病の治療でお薬を飲まれている方、または注射を受けている方は治療前に必ず医師へご相談をいただきますようお願いいたします。

24時間WEB予約受付中!

当日のご予約はでお願いします。

下北沢の痛くない歯医者|下北沢歯科