Column歯のコラム

2022.05.11

歯科とビタミン

歯科と栄養が出会ったら? ~ビタミン編~ 普段何気なく摂っているビタミン類。そんなビタミン類も実はお口の中で、重要な働きをします。では、どのような働きをビタミンはしてくれるのでしょうか? そもそもビタミンとは? ビタミン自体は体をつくる成分やエネルギー源ではありません。 しかし、人が成長し、健康を維持する働きをしています。ミネラルと並んで、微量でもビタミンの役割はとても重要であり、ほかの栄養素が上手く働くため潤滑のような働きをしています。そんなビタミンが不足すると、病気になったり、成長に障害が出たりします。 ビタミンの必要な量はとても少ないのですが、体の中でつくることがほとんど出来ないので、主に食べ物からの摂取が必要となります。ビタミンは、人が生きていくために必要不可欠な栄養素のうち、三大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)以外の有機化合物の総称となります。 水溶性ビタミン 水に溶ける。尿などから体の外へ排泄されやすいので少量を頻回摂ると良い。 脂溶性ビタミン 油脂に溶ける。体の中に蓄積されやすいため、油と一緒にとると吸収がよくなります。 *ただし、どちらのビタミンでも、摂り過ぎると弊害が出ることがあります。厚生労働省では、この量までなら摂取しても過剰による害のない耐容量として、耐容量上限を設定しています。(摂取を進めている量ではありません。詳しくは「日本人の食事摂取基準(2020年版)」をご覧ください。) ビタミンの種類 水溶性ビタミン ・ビタミンA(レチノール活性当量) ・β-カロテン当量 ・ビタミンD ・ビタミンE  ・ビタミンK 脂溶性ビタミン ・ビタミンB1 ・ビタミンB2  ・ナイアシン  ・ビタミンB6  ・ビタミンB12 ・葉酸  ・パントテン酸 ・ビタミンC この中でも、口腔内に特に関りのあるビタミンおよび他の栄養素が、 ・ビタミンB群(B6、B12、葉酸) ・ビタミンB群(B6、B12、葉酸) ・ビタミンC ・アミノ酸 ・α-リポ酸、MSM、メチオニン、システイン となります。 ビタミンの効果 ・ビタミンB群(B6、B12、葉酸)血中ホモシステイン値を低下させて、良質なコラーゲンを保つことと、骨や歯ぐきの健康を維持する効果があります。 ・ビタミンⅮ、ビタミンK、カルシウム、マグネシウムビタミンⅮ、Kは骨密度、骨の生成に不可欠な成分でカルシウムの吸収を助け、骨にカルシウムが沈着するのをサポートします。 カルシウム、マグネシウムは歯や骨の主要な構成要素になります。カルシウム、マグネシウムに関しては、再石灰化の促進作用もあり、虫歯予防にも役立つ栄養素です。 ・ビタミンA(レチノール活性当量)βカロチンを摂取することで体内でビタミンAに変換されます。歯のエナメル質の生成に重要な栄養素です。 ・ビタミンC免疫力を向上させ、歯周病予防に役立ち、なおかつコラーゲン生成のために必須です。傷の治りを早くもするので、抜歯やオペ後のケアにも役立ちます。タバコを吸うとビタミンC約25mg(レモン約1個分)が破壊され、歯肉の組織が弱まり、傷の治りが悪くなります。ニコチンも歯肉の抵抗力を低下させるので、歯周病が進行しやすくなると言われています。 ・アミノ酸プロリン、リジン、グリシンは、コラーゲンの構成原料として重要な役割を持ちます。 ・α-リポ酸、MSM、メチオニン、システイン水銀などの体内の有害重金属排泄(デトックス)促進に、これらの硫黄化合物が役立ちます。 現代人は十分な栄養を摂取できる環境にいて、ビタミン不足とは一見無縁のようにも思えますが、実は一部のビタミンに関しては潜在的な欠乏症に陥っている場合も…。忙しい時に簡便な食品を使うのは悪いことではありませんが、栄養バランスという観点からは一緒に野菜を摂るなどの工夫があるといいのかもしれません。 新鮮な野菜や肉、魚など主食・副菜を基本として、様々な品目をバランスよく摂取するのが理想とされています。難しい時には、栄養機能食品などをうまく活用して、上手に栄養バランスを摂っていきましょう。

2022.05.11

歯科と栄養食物繊維

歯科と栄養が出会ったら? 食物繊維が歯に良いというイメージはお持ちですか? 実は健康的な歯をつくる役目が食物繊維にはあります。では実際にどのような役目があるのかご説明します。 そもそも食物繊維とは? 食物繊維とは「人の消化酵素では分解されない食物中の総体」と定義されています。日ごろ私たちが口にする食べ物のなかに含まれています。主な大別は、 水に溶けない「不溶性食物繊維」 水に溶ける「水溶性食物繊維」 不溶性食物繊維とは 不溶性食物繊維は保水性が高いことが大きな特徴であり、体内で水分を吸収し膨らんで便の体積を大きくします。それにより腸を刺激し排便を促します。ライ麦や蕎麦などの穀物類、切り干し大根やトウモロコシなどの野菜類、豆類、キノコ類などに多く含まれます。 水溶性食物繊維とは 腸内で水分を吸収し、粘性を示すことで栄養素の吸収を緩やかにし、血糖値の急激な上昇を抑える効果があります。また、水溶性食物繊維の多い食品を摂取すると、糖質の消化、吸収を緩やかにしてくれます。 食物繊維の効果 食物繊維のイメージとして便秘対策をお持ちになっている方も多いのではないでしょうか?もちろん便秘対策として整腸作用があるのでとても有効ですが、食物繊維の働きはこれだけに限らず、心筋梗塞のリスク低下や血中コレステロール値の低下など生活習慣病の予防効果を、もたらしてくれます。また、摂り過ぎることにより肥満や脂質異常症、糖尿病や高血圧など、これらを引き起こす原因である脂質、糖、ナトリウムなどの吸収を緩やかにしたり、吸着して、身体の外に排出する働きもあります。そして、歯を強くする効果もあります。 食物繊維は整腸作用など身体のなかで有用な働きをすることから、5大栄養素に次ぐ「第6の栄養素」とも言われ、注目されてもいます。 スーパーやコンビになどでよく見かける特定保健用食品。この特定保健用食品で「おなかの調子を整える」として認められている成分の多くが食物繊維なのです。食物繊維は、にんじん、ゴボウ、レタス、セロリ、穀類、豆類等に繊維質が多く含まれていて、「直接清掃性食品」ともよばれています。 それら食物繊維を多く含む食材は、しっかり歯や顎を動かして噛むものが多いので、噛むことにより歯の表面をきれいにし、唾液の分泌も促してくれます。唾液の分泌が多いと、歯が溶けてしまう酸性の状態のお口の中を中和し、溶け出したミネラルの再石灰化を促す効果があります。噛むという行為は他にも良い点として、歯ぐきの血行が良くなり、マッサージ効果もあると言われています。 現在ではほとんどの日本人に不足している食品成分であり、積極的に摂取することが勧められています。 食物繊維の摂取量 1950年頃には一人あたりの平均食物繊維摂取量は一日20gを超えていたとされますが、穀類、いも類、豆類の摂取量の減少に伴い、減少傾向にあります。最近では一日あたりの平均摂取量は14g前後と推定されています。 ちなみに欧米では一日あたり24g以上の摂取で、心筋梗塞、脳卒中、2型糖尿病、乳がん、胃がん、大腸がんなどの発症低下が観察されるとの研究報告があります。 食物繊維は植物性食品に多く含まれ、食物繊維を手軽に摂るには主食の穀類から摂るのがお手軽です。一日のうち1食の主食を玄米や麦ごはん、胚芽米、全粒小麦などに置き換えると効率的に摂取できます。豆類、野菜類、果実類、キノコ類、藻類等にも多く含まれているので、毎日の食事に取り入れることをおすすめします。 まずは一日あたりプラス3~4gを目標に、積極的に摂取する事が勧められます。基本的には、通常の食事から摂取する範囲であれば摂り過ぎの心配はなく、むしろ積極的に摂る必要はありますが、サプリメントなどで度を超えて摂取をしないようにはしましょう。 様々な食品に含まれている食物繊維。バランスよく美味しく摂取して、虫歯になりにくい歯になるようにしていきましょう。

2022.03.04

親知らずは抜く?抜かない?

親知らずについて 皆さんは親知らずが気になったことはありますか? 当院では患者さまが来院される理由の中で、虫歯・歯周病と同じくらい親知らずが理由で来院される患者さまが多いです。痛みが原因の場合もあれば、親知らずは抜いたほうがよいですか?とご相談をいただくこともあります。親知らずに関して、今回はご説明させていただきます。 そもそも親知らずとは? 親知らずとは、専門用語でいうと「第3大臼歯」もしくは「智歯」とも言い、歯の一番奥に生える永久歯です。中切歯(最前方の前歯)から数えて8番目にあります。 親知らずは一般的に上下左右1本ずつの計4本ありますが、個人差により、もともと親知らずが無かったり、4本揃っていない場合もあります。 あるいは萌出方向(生える方向)が通常と異なる為、埋伏(歯ぐきや骨に埋まった状態)していたり、傾いて途中までしか生えてこない場合もあります。 生える際に歯肉に炎症が起きて腫れる事もあり、また、生えた後も一番奥に生えているため歯ブラシが届きにくく磨きにくいため、プラーク(歯垢)などが溜まってしまい虫歯になりやすくなります。親知らずのまわりの歯ぐきに炎症(智歯周囲炎)を引き起こすこともあり炎症が強い場合は抗菌薬や消炎鎮痛薬(痛み止め)の投与を行って様子を見て、炎症を繰り返すようなら、抜歯を行うことが適していると判断し、抜歯を行うこともあります。 親知らずは正常に生えていれば、比較的普通の歯を抜くのと同様に比較的簡単に抜歯を行うことが出来ますが、骨の中に埋まっていたり、歯の根の形が複雑だと、歯ぐきを切開したり、歯を支えている骨を削ったり、歯自体を分割して抜歯を行うこともあります。なお、親知らずの状態や患者様の健康状態(持病など)によっては、全身麻酔や静脈鎮静法による管理の上で抜歯を行う必要が出てくる場合もあります。 親知らずは抜いたほうが良い?抜かない方が良い? 親知らずだから抜きましょう! いえ、「親知らずだから必ず抜かなければならない」ということはありません。残しておいた方が良いこともあります。 抜いたほうが良いケース 1. 親知らず自体が虫歯になった 親知らずは一番奥に生えている歯なので、歯ブラシなどのオーラルケアもしにくく汚れが溜まり虫歯になりやすい箇所の一つでもあります。 清掃器具も届きにくく、治療したとしても上記に述べたように虫歯になりやすく、再び虫歯になるケースが見受けられます。となると、あえて治療はせずに抜いてしまった方がよい場合があります。 また、汚れが溜まりやすいため、その手前の歯も実は見えない部分が虫歯になってしまっていて、虫歯治療が必要になるケースもあります。 2. 横向きに埋まっているため、前方の歯に影響を及ぼしている 親知らずが横向きに埋まっている場合、智歯周囲炎や手前の歯の虫歯や根の吸収(溶かされるように浸食される)を引き起こすことがあります。あまりに虫歯や吸収が進むと、親知らずではなくその手前の歯自体が残せなくなり抜歯になってしまう場合があります。 3. 物がつまる、腫れや痛みを繰り返す 親知らずが中途半端に生えて、歯の頭の一部が見えているだけの場合は食べ物が詰まり汚れが溜まった状態になります。その状態のままだと周囲の歯ぐきは炎症を起こしやすい状態になっており、腫れや痛みを繰り返すことになります。 4. 骨の中に埋まっているが、レントゲン写真で袋のような影が見られる レントゲンにうつった袋のような影は嚢胞と言われ、顎の中の神経を圧迫したり、膿の袋となって、痛みや腫れを生じさせることがあります。 抜かなくてよいケース 1. 親知らずが上下きちんと生えていて、噛み合っている 顎に直立に生えて、お互いに噛んでいる場合は抜かなくてもよいことが多いです。しっかりとブラッシングもできていれば問題も生じにくいと考えられます。 2. 骨の中に埋まっていて、問題がない 顎骨の中に完全に埋まっていて、周囲の歯や骨に悪い影響を与えることはないと判断され、痛みや減れがなければ、すぐに抜く必要はありません。 3. 入れ歯やブリッジ土台になる ある程度まっすぐ生えている親知らずは、前方にある歯を失った場合でも、削ってブリッジの土台として使用したり、入れ歯のバネをかけることが出来るので、残しておいた方が良い場合もあります。 4. 親知らずの移植を行う 親知らずの手前にある臼歯を、抜かなければならなくなった時に、抜いた部分に親知らずを移植することが出来る場合もあります。 移植が可能かどうかに関しては、親知らずの形や大きさ、移植を予定している部位の状態など様々なことを考慮し慎重に判断する必要があります。 5. 矯正治療を行う 矯正治療により親知らずを生える方向が悪くても、きちんと噛めるように治すことが可能な場合があります。矯正治療は歯を動かす治療ではありますが、どのような状態でも可能というわけではないので、矯正治療で治せるかは専門医に相談することをおすすめします。 まとめ 歯を抜く場合、処置後には腫れや痛み、内出血、喉の痛みや発熱といった症状が生じたりすることがあります。少なからずリスクを伴います。 親知らずだから抜こうというだけではなく、まずは診査診断をしっかりと行い、担当医と十分に相談されてから処置を行うことをおすすめいたします。不安な点や疑問は、気兼ねなくご相談下さい。 親知らず治療について親知らずの治療の流れ 親知らず抜歯でよくあるご質問

2022.03.04

歯は抜くしかない?

根管治療で治らない歯の治療方法について 歯がズキズキと痛む 虫歯などを引き起こす細菌が、歯の神経(歯髄)まで、あるいはその付近まで侵入すると炎症を起こしてしまい、場合によっては歯髄を除去する治療を行う必要があります。 根管治療という処置をしますが、通常の根管治療では治らない場合もあり、外科的な治療を行うことで抜歯をせずに自身の歯を残すことが出来る可能性もあります。 根管治療について根管治療のコラム 実際に行う外科治療の方法 ① 歯根端切除術 非外科的な根管治療を行っても、症状が改善しなかった場合に行う処置です。根尖部(根の先)にたまった悪い部分(膿の袋)を外科的に切除する方法です。歯の全体を抜歯するのではなく、歯ぐきを切開しそこから歯の一部だけを取り除き症状の改善を図ります。 一般的には根が1つの前歯、小臼歯に対して行われることが多い傾向にあります。また、大きな土台が入っていて、土台が長く除去する事が困難な場合に歯根端切除術が行われる場合もあります。 歯根端切除術のメリット 歯の根の先に病巣ができてしまい、従来ならば抜歯となるケースでも抜歯をせずに治療が可能。自身の歯が残せる可能性がある。 日帰り処置が可能。 明視野で病巣部を直接取り除ける。成功率が高くなる 補綴物を外さなくても治療が可能。(根管治療は歯の内側からの治療なので、補綴物を外さないといけない) 条件によるが、保険診療が可能。 歯根端切除術のデメリット 外科処置の為、痛みが出る場合がある。(術中は麻酔により痛みはなし。施術後に麻酔の効果がなくなると、痛みが出る場合があります。その際の痛みは、痛み止めの服用でしのげる範囲です。) 施術後、個人差はありますが違和感の出る期間があります。(長い方で約半年ほど) 主に前歯から小臼歯の歯が適応になることが多い。 ② 意図的再植 まず歯の「再植」とは、外傷や事故などで歯が抜けてしまった歯を元の場所に戻す方法です。 インプラントや義歯とは異なり自身の歯を使用します。生体に対して優しいため、条件が合えば歯の機能も活かすことが出来る、有効な方法と言えます。今回は再植の中でも「意図的再植」について説明いたします。 意図的再植とは、治療のために戦略的に再植するという方法です。非外科的な根管治療を行っても症状が治らなかった場合や、歯の根の先の部分に大きな歯根嚢胞が出来ていた場合に、一度わざと歯を抜き、細菌感染した部分の病巣を取り除き綺麗にて、元の場所に戻します。 また、虫歯が歯ぐきの深い部分に出来ていた場合には、一度歯を抜いたら90°または180°向きを変えて、虫歯に感染した歯質を歯ぐきより上に持ってきて再植する方法もあります。 歯の状態によっては、必ず成功するという保証はありませんが、歯根膜(歯根と骨との間にある膜状の構造。線維性の結合組織が主体)がきちんと保存されていれば、一度抜いた歯でも再度歯はくっついてくれます。 意図的再植のメリット 歯を残せる可能性が上がる。根管治療、歯根端切除術出来ない歯でも適応になることがある。 日帰り処置が可能。 歯根が短い歯でも手術が可能。 より確実に病巣の除去が可能。 条件によるが、保険診療が可能。 意図的再植のデメリット 外科治療となる。(一旦歯を抜いて、元の場所に戻すため) 元に戻した歯が治癒までの間に抜けてしまう可能性がある。 戻した歯が、骨と一体化してしまう(アンキローシス)可能性がある。 まとめ 歯根端切除術も意図的再植も、自身の歯と歯根膜を残すための手段として有効な治療方法であると言えます。 自身の歯は、永久に機能するというわけではないかもしれませんが、少しでも長く自身の歯を機能させるということは、抜歯に伴うお口の中のトラブル、変化を先延ばしに出来るということでもあります。 歯の周りを支えている歯槽骨も歯(歯根)が残っていれば厚みが維持されます。入れ歯を使用されている場合は入れ歯が安定もしやすくなります。 天然の歯は、何ものにも代えがたいものです。当院では、可能な限り抜くことをせず、機能の維持、保存を優先とした治療を行っております。治療に関して、ご質問・ご不安な点など御座いましたらお気軽にご相談ください。

2022.03.04

老化は口から!?
歯医者でアンチエイジング?

歯医者でアンチエイジングについて 今、ご自身は実年齢よりも若く見られていると思いますか?老けて見られていると思いますか? 実年齢よりも若く見られたいですか?老けて見られたいですか? いつまでも若々しい心と身体を維持したい、実際よりも若く見せたい・見られたい、長生きしたいと思われている方が多いかと思います。 そこで今回のテーマはアンチエイジングです! 一見、歯科とは関係ないように思えますが、実は歯科も関係があります。では実際にどのような関係があるのか、ご説明します。 そもそも「アンチエイジング」とは? 近年、アンチエイジングという言葉を雑誌やテレビ、インターネットなどから目にする機会が増えてきました。 アンチエイジングとはなにか? アンチエイジングとは「抗加齢」を意味する言葉です。実際の年齢に逆らうことは出来ないので、意味としては「抗老化」となります。見た目の老化と共に衰える身体の老化(エイジング曲線)を急激ではなくゆるやかにしていこうというものです。 アンチエイジング医学における歯科の領域としては、歯周炎や歯の消失、口腔乾燥症、口腔味覚障害などに対して取り組みを行っていきます。歯が心と身体の健康に及ぼす影響はとても大きく非常に重要です。健康的な生活を送るために必要不可欠な「食べる、飲む、笑う、話す」といった、根本的な要求を満たす事が必要とされます。 食事の際にしっかり噛めないと、おいしく味わうことが出来ず、食生活の質の低下につながります。また、口臭が気になったり、歯並びや歯の色が気になって、コミュニケーションに影響を及ぼすこともあります。 治療のポイント 笑った時にいかに美しく見えるか? 歯を削って型どりをして白いつめ物、かぶせ物を単純にいれるだけではなく、審美性にプラス機能性も考慮し総合的に見て、より美しい口元にしていきます。 ただ単に削って終わりではなく、歯の色や形はもちろん、噛み合わせや、患者様自身の歯ぐきの色や唇の色、フェイスラインなどトータルに診査診断して治療を行います。 1. 白くキレイな歯に 審美歯科治療:前歯のかぶせ物を白く美しく(クラウン治療)、メタルフリー治療 ホワイトニング:自身の元々の歯の色よりも、白く美しく 2. 歯並び・噛み合わせをキレイに 歯列矯正、歯列部分矯正 義歯(入れ歯) インプラント 歯ぎしり、くいしばり治療 3. その他(一般歯科) クリーニング 歯石除去 歯肉ケア 歯周病治療 当院の各治療のご案内 現在のご自身のお口の中の状態はご存じですか? お口のアンチエイジングと言っても、治療方法は様々です。 ご自身のお口を見て、何が気になりますか? 歯の色でしょうか? 歯並びでしょうか? つめ物、かぶせ物の色でしょうか? 歯ぐきの色でしょうか? 一つだけに限らず、複数の症状が気になられる方も多いかと思います。 老化を感じやすいのが、「目」と「口」からと言われています。見た目年齢はもちろん、様々な病気にならないように予防という観点からも歯科においてのアンチエイジングは重要となります。 今現在のご自身のお口の中の環境を理解すること、また、それに見合った治療内容でお口の中を整えることは、QOL(日常生活の質)を良くすることが可能となります。今後の快適な生活を送るのに役立つ歯科におけるアンチエイジング治療。 美しく若々しい歯や口元になることで、おいしく食事を摂ることもでき、自信をもって笑うこともできます。 心と身体をより健康に。 少しでも長く元気に生活できるように。 人生100年時代です。歯とお口の健康を、考えてみませんか?患者さまのお悩みに合わせて、治療プランのご提案をさせて頂きます。 ご相談、ご質問はお気軽にスタッフまでお申し付けください!

2022.01.19

根管治療について

歯がズキズキと痛む たとえば虫歯が原因で痛む場合、虫歯の進行状態によっては「根管治療」を行わないといけない場合があります。 同じ虫歯の治療でも、歯を部分的に削って詰め物を装着するインレー(詰め物)やコンポジットレジン充填(CR充填)、クラウン(かぶせ物)による治療は、皆さんが虫歯の時に行う治療の中でも比較的イメージされる内容ではないでしょうか? では、根管治療はどうでしょうか? 「歯の根っこの治療をします」と言われても実際治療のイメージが湧かないという患者さまもおられます。今回は、その「根管治療」についてです。 1. 根管治療が必要な症状とは? 虫歯が進行し、その感染が歯の神経(歯髄)まで及ぶと歯髄炎という状態になります。主な症状は、 冷たい物や温かいものがしみる 何もしなくても痛みを感じる この時点では正常な状態に戻ることもあれば、残念ながら歯髄への治療が必要になる歯髄炎があります。ちなみに神経(歯髄)が死んでしまうと、歯の変色や、噛むと痛みが出る、歯ぐきから膿が出るなどの症状がみられます。 2. 原因は何か? 主な原因は深い虫歯、歯の亀裂による細菌感染や、外傷の衝撃などです。炎症や感染を起こした歯髄をそのままにしておくと、歯やその周囲組織に痛みが出たり、根の周囲組織に炎症が広がってしまいます。場合によっては歯肉が腫れることもあります。 3. 具体的な治療方法は? 根管治療は根管の中の細菌を除去し、その状態を維持する為に封鎖する治療です。再度細菌が感染しにくい環境をつくる為に根管内の消毒を行います。 Step. 細菌感染により汚染された歯質除去を行います。 Step. 根管内を細い器具(ファイル)で拡大していきます。 Step. 根管の中を薬剤でキレイに洗い、消毒を行います。 Step. 症状の消失などが確認出来たら、根管内にゴムのようなもの(ガッタパーチャ)を詰め込みます。 Step. 詰め込んだガッタパーチャがきちんと根の先まで詰め込まれているか確認の為、レントゲン写真を撮影し、終了です。 ここまでの治療は、根管の形態や内部の状態・症状により治療回数は異なりますが、再度細菌感染が起こらないように最後まで通う必要があります。根管治療は治療が完了する前に痛みが消失することが多いため、通わなくなってしまう方がいるのも事実です。しかしそれでは、根管内に細菌が多く残存した状態になったり、再感染しやすい状態になってしまいます。再度、痛みや晴れを引き起こす可能性があるのです。 4. 抜歯が必要な場合も 根の先から炎症が周囲に波及し、周囲の骨が溶けていることがあります(根尖性歯周炎)。根の治療は行いますが、歯の根っこの先、あるいはその周囲の骨まで感染が進行し大きく骨が失われている場合は抜歯の対象となることもあります。 5. メリット・デメリットは?

2022.01.18

歯を抜いた後は…?

虫歯や歯周病などが原因で残念ながら歯を抜かなくてはいけなくなった場合、そのままにしておくと困ったことが起きてしまいます。 奥歯が1本抜けた状態の場合 隣の歯が倒れてくる(傾斜) 噛み合う歯が伸びてくる(挺出) 奥歯が数本抜けた状態の場合 噛み合う歯が伸びる(挺出) 前歯が広がる(突き上げ) 歯を抜いたまま放置しておくと、抜けた状態のままではなく周囲の歯が動き、上記のようなことが起こる可能性が高くなります。 歯は1本1本に役割があり、失ったまま長期間放置してしまうと、全体のバランスが崩れ、全身の健康にも影響を与えることがあります。 その為、抜歯した部分のスペースとその機能を補う治療をすることが大であり、その方法がいくつかありますのでご紹介いたします。 主な補填方法について インプラント ブリッジ 入れ歯(義歯) 移植 以上の4つになります。 治療方法その1「インプラント」 インプラントとは? 歯に人工の歯根を埋め、セラミックでできた被せものを被せる治療方法です。外科的な手術が必要ですが、健康な歯を削ることなく、天然の歯と同じように噛めるようになります。 <メリット> 両隣の歯を削る必要がない 骨に埋入されたインプラントが実際の歯根のような役割を行うので、自分の歯に近い感覚で噛むことが出来る 骨に埋入されたインプラント体が咬合を支えるので、他の歯への負担を増やさない 天然歯に近い審美性の回復が期待出来る <デメリット> 顎の骨が少ない場合は、インプラントを埋入する前に人工的に骨の造成が必要となる インプラント体を埋入後、インプラント体と骨が固定される期間が必要とある 治療のケースにより、長期間となる可能性あり 骨の成長途中にある若年者は行えない 外科的手術となる 保険適用外 治療方法その2「ブリッジ」 ブリッジとは? 失った歯の両隣の歯を削り、橋渡しをする方法です。違和感がなく噛むことが出来ますが、両隣の歯を大きく削り、支えとなる歯に負担がかかります。隣の歯の状態や失った歯の本数によっては適応とならない場合もあります。 <メリット> インプラントと比較して短期間で治療が終わる 保険適応のものがある <デメリット> 隣の歯を削らなくてはならない。たとえ虫歯になっていない健康な歯でも、削る必要がある 噛む力を少ない数の歯で支えるため、支えとなる歯への負担が大きくなる 噛む力は天然歯と比較すると、60~80%ほどとなる 治療方法その3「入れ歯(義歯)」 入れ歯とは? 取り外し式の補綴物です。取り外し式なので、お手入れがしやすいですが違和感が大きく、噛む力は天然の歯の20~30%ほどしかないと言われています。 <メリット> 取り外し可能なため、お手入れしやすい 入れ歯の多くは保険適応となる 1本~全顎まで製作が可能 インプラントに比べて治療期間が短い <デメリット> 噛む力は天然歯と比較すると20~30%ほどとなる 歯肉を切るなど外科処置が必要ない 持病を持った患者様でも装着できる 部分入れ歯は入れ歯の固定のために金属のバネを使用するので、見た目が目立つことがある(保険適応の場合) 治療方法その4「移植」 移植とは? 親知らずや骨の中に埋まっている歯などを抜歯し、対象部位へ移植する方法です。適応条件があり、成功率は約60%。5~10年もつと言われています。 <メリット> 自身の歯を使用することが出来る インプラントと違い歯根膜があるので、噛み応えや歯触りを感じやすい インプラント治療よりも手術の負担が少ない 保険適応になるケースがある <デメリット> 天然歯(自分自身の歯)のため、虫歯になるリスクがある 高齢者は不向き。40歳以上の場合は成功率が下がる場合がある 一定の条件を満たす必要がある <条件> 歯のサイズが移植する場所に合っている 歯の形が曲がっていたりと複雑ではないこと 出来るだけ虫歯がなく、歯周病等で歯根膜が少なくなっていない 可能であれば40歳以下(40歳以上の方が行えないというわけではない) 患者さまのお口の中の状態により、適した治療は異なりますが、抜歯後はそのままにするのではなく、適した治療を受け、長くおいしく食事が出来るようにしましょう! ご質問、ご相談はお気軽に担当医、スタッフにお声がけください。

2022.01.06

歯ぎしり・食いしばりについて

虫歯じゃないけど歯が痛い…なぜ? 「歯が痛いから歯医者に行こう。」歯が痛いから歯医者に行く。まさにその通りです。歯が痛いと、「虫歯かな?」と思われる方がほとんどだと思います。歯が痛いから歯医者を受診してみたけれど、原因は虫歯ではなかった。そんな時「日常生活で食いしばっていませんか?歯ぎしりしていませんか?」こんなことを聞かれたことはありませんか? 今回は歯の痛みと食いしばり・歯ぎしりの関連についてのお話です。今回コラムを担当させている私自身、朝起きて奥歯が悶絶するくらいの痛みを感じたことがあります。この時「絶対虫歯だ…」と冒頭に書いたように感じました。実際診てもらうと「食いしばりが原因です」と。 では食いしばりと歯ぎしり、それぞれどのように違うのでしょうか? 食いしばりとは? 食いしばりとは文字通り歯を食いしばる癖のことで、通常上の歯と下の歯は接していない状態なのですが、多くは無意識のうちに歯が接触し、さらには強い力で噛み合わせている状態であり、歯や歯ぐきを傷める原因になります。 歯ぎしりとは? 歯ぎしりとは、無意識に上下の歯をこすり合わせている状態であり、強い歯ぎしりの場合はギリギリなどの音を伴います。睡眠時に歯ぎしりをしていることを家族などに指摘されて、初めて歯ぎしりをしていることに気づく方も少なくありません。 歯ぎしり・食いしばりの原因 まず一つにストレスがあります。ストレスに対する生体の反応とされています。精神的・肉体的ストレス下にある場合、歯ぎしり・食いしばりの強さは増強されます。歯ぎしり・食いしばりをすることにより、生体はストレスを発散させていると言われています。他には、かみ合わせなどにより顎の筋肉の緊張がバランスを崩していることも影響を与えます。 虫歯を放置したままにしていませんか? 抜歯後の状態のまま放置していませんか? 高さが合わないかぶせ物を入れていませんか? これらが原因で噛み合わせの狂いを起こし、歯ぎしりや食いしばりが起こりやすくなっている場合もあります。 歯ぎしり、食いしばりは顎関節症や歯周病、知覚過敏などの様々な症状を引き起こす原因にもなってしまいます。 歯ぎしり、食いしばりを行っていると出てくる症状 1. 朝起きて「顎の関節が痛い」「顎がだるい感じがする」 顎の関節や周囲の筋肉に大きな負担がかかる為、朝目が覚めたときに筋肉の違和感や顎関節の痛みなどを感じていれば、寝ている間に歯ぎしり・食いしばりを行っている可能性が高いです。 2. 歯がすり減っている、歯が欠けている 歯は長く使い続けると自然にすり減りますが、歯ぎしり・食いしばりが強い方だと通常より早いペースで進んでいる場合があります。また、歯ぎしりをすると、歯に対して横方向に力が加わるので、歯だけでなく歯を支える骨や歯肉などの周囲組織にも力が加わります。歯ぎしり、食いしばりによって骨や歯肉に負担がかかることで歯周病に似た状態になったり、冷たい物が凍みるといった症状が出る場合もあります。 3. 歯ぐきに硬い「コブ」のようなものがある 歯ぐきに硬いコブのようなものがある人は、日常的に歯ぎしり、食いしばりを行っている可能性が高く、「骨隆起」と呼ばれる骨のコブが生じる場合があります。骨隆起自体は特に悪いものではないので、特に治療を行う必要はありませんが、ご自身で骨隆起の存在が気になったり、歯ブラシが行いにくかったり、食べものなどで歯ぐきを傷めてしまう可能性もあります。また、入れ歯を装着する際に障害となってしまう場合もあり、必要に応じ除去も可能です。 4. エラが張ってきた 骨格以外に咬筋と呼ばれる筋肉が発達し生じるケースです。咬筋は歯を噛み合わせる際に動く筋肉ですが、歯ぎしりや食いしばりで過度な力が加わると、筋肉が発達し(盛り上がり)、エラが張ったようなフェイスラインになりやすいと言われます。 5. 原因不明の肩こりや頭痛に悩まされる 顔や顎の周りの筋肉が常に緊張した状態になり、その緊張が長時間続くことでやがて首や肩の筋肉に影響を及ぼし、肩こりの原因となってしまいます。さらに緊張が続くことで脳へ繋がる血管の血流が悪くなってしまうので、頭痛や頭が重いといった症状が出てしまうことがあります。特に原因がないのに、肩こり・頭痛でお悩みの場合は、歯ぎしり・食いしばりが原因となっている場合がありますので、歯科医院を受診してみましょう。 対策 歯ぎしりにおいては根本的な解決に至るような治療方法が残念ながら確立されていません。しかしながらそのまま放置しておくこともできません。歯科医院で出来る対策の一つとして「マウスピースの装着」があります。寝ているときに装着し、歯や顎、筋肉に対する負担を減らします。また、日中のマウスピースを装着される患者様もいらっしゃいます。 あとはストレスをため込まない事です。リラックスできる時間は作れていますか?寝ている時に脳は何らかが原因で興奮した状態になり、無意識のうちに歯ぎしりを行い顎に負担をかけます。その原因の一つにストレスが関連しているとされています。過度にストレスをため込まないように、ストレス解消方法を見つけましょう。 歯ぎしり・食いしばりが気になる方は、ぜひ一度歯科医院での相談をしてみましょう。

2022.01.06

肩こり・頭痛の原因について

肩こりや頭痛を日常生活の中で感じていませんか? 改善する為にストレッチを行ってみたり、マッサージや服薬など、整形外科や神経内科、接骨院などを受診されることが多いのではないでしょうか? もしかしたら、その肩こりや頭痛は「歯」からきているかもしれません。 頭痛の分類 まず頭痛に関しては、いくつかに分類されます。 1. 一次性頭痛 緊張型頭痛…頭全体が締め付けられるような痛み。ストレスや、長時間同じ姿勢による身体的ストレスが原因で首や頭の筋肉が緊張し、血流が悪くなることで怒ると考えられています。 片頭痛…ズキズキと脈打つような痛みが特徴。脳に血液を送る血管が拡張すると頭痛が起きやすくなります。ストレスや疲労、不規則な睡眠、天候の変化、女性ホルモンの変化なども原因となることがあります。 群発頭痛…左右どちらかの目の周囲からこめかみのあたりにかけての激しい痛みで、頭の片側に起こります。一度症状が出ると1~2カ月ほぼ毎日、同じ時間帯に頭痛が起きるようになります。 2. 二次性頭痛 何らかの病気が原因で起こる頭痛。二日酔いやアルコールが原因の場合もあれば、命の危険につながる病気(くも膜下出血、脳腫瘍、脳髄炎など)が原因の場合もあります。 歯並びが悪い場合や噛み合わせが悪い場合、咀嚼する際に顎に大きな負担となり、顎周囲の筋肉が緊張した状態になるため、血行が悪くなる可能性があります。その結果、肩や首の筋肉が緊張した状態になり、痛みが生じることがあります。 症状がひどくなると頭痛を引き起こす原因となるのです。ちなみに、歯並びが悪いまま放置していると、顎の関節にも影響して、顎関節症を発症するケースもあります。症状によっては、顎関節症そのものが頭痛の原因となる場合もあります。 肩こりの分類 次に肩こりについてですが、肩こりもまたいくつかに分類されます。肩こり痛の原因は日常生活の習慣にある場合が多いです。しかし、中には深刻な病気の症状として現れるケースもあります。 1. 日常生活が原因 姿勢の悪さ、運動不足、ストレス、眼精疲労などの生活習慣から生まれるものです。 2. 病気が原因 肩や関節の以上が原因の場合 肩や関節に何らかの異常があって痛みが生じる場合があり、例えば「五十肩」など。肩関節の周囲の組織に炎症が生じたことが原因です。 首や肩の骨が原因 「頚椎症」「椎間板ヘルニア」等の首や背中の病気の症状として、肩に痛みが出ている場合があります。 内臓疾患が原因 内科系の病気が原因の場合もあります。「脳動脈瘤」であれば肩以外にも頭痛や吐き気、めまいなど、「狭心症」や「心筋梗塞」の場合には、左胸や左肩、左腕、胸背部などに痛みを伴い、「糖尿病」「高血圧」「胆石症」などは肩こりの痛みの症状を伴います。 歯科における頭痛・肩こりの原因 では歯科における頭痛・肩こりの原因は何でしょう? 虫歯を放置していませんか? 虫歯や歯周病が原因で、歯を失ったままにしていませんか? 合わない入れ歯を使っていませんか? 放置したままにすると、噛み合わせに影響が出てしまい、肩こりや頭痛など広範囲に影響を及ぼしてしまう可能性があります。 また、「食いしばり」も頭痛・肩こりの原因ともされています。歯を食いしばると頭の横にある側頭筋が収縮しますが、その側頭筋が緊張状態になることで頭痛を引き起こすことがあります。それが日常的に続くと側頭筋や咬筋などを始めとした顎の周囲の筋肉が緊張状態になり、首や肩のこりの原因になることもあります。実は私たちの口は常に歯と歯が接しているわけではありません。むしろその逆で本来ならば歯と歯は離れています。 口は閉じていても、口の中は歯と歯が離れている状態になっているはずです。もし噛んでいるようならば、無意識のうちに上下の歯で食いしばっていたり、カチカチと歯と歯を接触させる癖がついているかもしれません。 頭痛・肩こりの原因は様々ですが、「歯の噛み合わせが原因かも?」と疑い、歯科に相談してみるのも一つの方法です。

2021.11.29

口臭について

春夏秋冬、朝晩、一年中マスクを使用する生活が続いています。 そんな中で皆さんは口臭が気になったことはありませんか? マスク自体の臭いの原因は、 ・雑菌による臭い(内側の湿度温度が高くなっているので雑菌が繁殖しやすい) ・唾液による臭い(着用時の会話や、くしゃみ、咳などによりついた唾液) により、臭っているおそれがあります。 では、自分自身の口腔内はどうでしょうか? 口臭の種類は? 口臭には大きく分けて以下のような種類があります。 1.生理的口臭 誰にでもあるにおいで、主に起床直後、空腹時、緊張時に特に口臭が強まります。 原因は、唾液の分泌の減少です。唾液の分泌が減少したことにより、細菌が増殖して口臭の原因物質(揮発性硫黄化合物=VSC)がたくさん作られてしまいます。 歯磨きで細菌数を減らしたり、食事や水分補給で唾液量が増加すれば口臭は弱まるので、治療の必要はありません。生活習慣の見直し・改善が必要となります。 また、女性の生理や妊娠時などのホルモンバランスの変化や、乳幼児期・学童期・思春期・成人期・老齢期、年代固有の臭気(加齢臭)なども該当します。 病的口臭と異なり、本人も気づかないことがほとんどです。 2.飲食物・嗜好品口臭 …ニンニク、ネギ、酒、たばこ等による比較的においの強い飲食物・嗜好品の摂取による口臭。時間の経過とともに改善されるので、特に治療の必要はありません。 3.病的口臭 鼻やのどの病気、呼吸器系・消化器系・糖尿病・肝臓疾患などが原因で起こる場合がありますが、病的口臭の90%以上は口腔内にあります。 虫歯、歯垢(歯の周りにつく細菌の塊)、歯石、舌苔(歯の表面につくコケ上の細菌の塊)、唾液の減少、義歯の清掃不良などです。病院、歯科医院にて口臭の原因を治療することが必要です。 4.心理的口臭 口臭は無いにもかかわらず、自分自身でにおいがあると思い込んでいる場合です。 口臭を予防するには? 自分に適した口臭対策はご存じですか?口臭対策といっても、口臭の原因は人それぞれで、原因に合わせた対策が必要となります。 1.正しい歯磨き 日頃の歯磨きはとても有効な手段です。特に時間をかけたいのは就寝前の歯磨きになります。 寝ている間は口腔内の唾液の分泌量が低下し、細菌が繁殖しやすいため、歯磨きをしないまま寝てしまうと、翌日、口臭を強くする原因となります。 2.舌苔除去 舌の上につく白い苔状の物の事を舌苔といいますが、この舌苔も口臭の原因となります。舌苔の付き方には個人差がありますが、舌の清掃による舌苔の除去が有効な予防法となります。 なお、舌の清掃には専用の舌ブラシを使用するのがおすすめです。目安は1日1回、多く行うと舌の粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。 3.虫歯や歯周病を治療 病的口臭の代表的なものとして歯周病があげられます。歯周病の原因の多くが、揮発性硫黄化合物(VSC)をつくる嫌気性菌であるからです。歯周病の他に、大きな虫歯や親知らず、粘膜の潰瘍等が原因で口臭が発生することもあります。 歯周病は虫歯と違ってほとんど痛みもなく進行します。何も自覚がないのに家族等から口臭を指摘されるようになったら歯周病が原因の可能性がありますので、歯科医院を受診し、検査を行いましょう。 4.食生活の改善 先ほども出てきた舌苔ですが、口臭を引き起こす舌苔の原因になりがちなのが食生活。食生活は乱れていませんか?暴飲暴食や刺激物の摂り過ぎは消化不良を引き起こして、胃腸が荒れてしまいます。胃腸が荒れると舌苔が厚くなる場合があるのです。 バランスの取れた食事を毎日規則正しく摂ることが大切です。また、噛むことによって分泌される唾液が減ってしまうと、口臭が強くなる原因にもなります。噛み応えのある食材を取り入れ、よく噛み唾液の分泌を促しましょう。 5.鼻呼吸 口腔内の乾燥を防ぐため、鼻で呼吸することも重要です。口呼吸をしているとすぐに口が乾燥してしまいます。無意識のうちに口呼吸になっていることもあります。 口呼吸をしていて口の中が乾燥しやすい人は、鼻呼吸を意識してみましょう。また鼻の疾患が原因で鼻呼吸ができないことも多いため、耳鼻科などを受診してみることもおすすめします。 6.禁煙 煙草を吸っていると唾液の分泌量の減少および、歯肉の血流減少がみられます。唾液が減ることで、口臭が悪化してしまいます。 7.唾液腺マッサージ 唾液腺のマッサージをすることで唾液量が増え、唾液による食べかすや歯垢などの汚れを洗い流す効果があります。 唾液は口腔内を清潔に保ち、口臭を予防するための重要な役割を担っています。 主なマッサージ箇所 ・耳下腺 耳の前(上の奥歯あたり)付近にある唾液腺です。個々に数本指をあてて後ろから前へ向かって、円を描くように指全体でやさしくマッサージを行います。 ・顎下腺 顎の骨の内側のやわらかい部分にある唾液腺です。ここに親指をあて、耳の下から顎の下まで、5箇所ほどに分けて順に押します。各ポイントゆっくり5回くらいを目安に押します、 ・舌下線 舌下線は顎のとがった部分の内側のくぼみにある唾液線です。両手の親指をそろえ、顎の真下から舌を突き上げるように10回ほど上方向にゆっくり押し上げます。 日常生活の中で、「自分は口臭がきついのではないか?」「嫌われるかも?」など心配になりすぎてストレスが溜まってしまうと、ストレスにより口臭が強くなったり、自臭症になってしまうリスクもあります。 人は誰でもある程度の口臭はあります。体調によって口臭の強さが変わることもあります。まずは毎日のオーラルケアをしっかりと行う。並行して歯科医院での治療であったり、ご自身が続けられそうな口臭ケアを取り入れて、行っていくことが重要となります。

24時間WEB予約受付中!

当日のご予約はでお願いします。

下北沢の痛くない歯医者|下北沢歯科